安全教育振興会とは

設立と目的

設 立

 昭和52年10月1日、賛助会員相互扶助の精神のもとに加入校26校で「横浜市PTA親子安全互助会」として発足。昭和62年4月1日には親子安全互助会を発展的に解消して「財団法人 横浜市安全教育振興会」を設立。見舞金の給付事業を主とした安全教育に関する諸事業を推進し、会の厳正な運営・給付事業の充実、社会的信用を志向して現在に至っている。

目 的

 この法人は、安全教育に関する各種事業を実施すると共に、賛助会員となった横浜市内の小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の幼児・児童・生徒とその保護者・学校支援ボランティアに対する共済金給付、賛助会員校の幼児・児童・生徒に対する修学奨励金給付、幼児・児童・生徒の健全育成を目指す団体への助成等を行い、安全教育の普及振興を図ることを目的としている。

事業の原資

 この法人の事業は、会員から集めた会費(1世帯500円)を原資として実施している。ただし、青少年育成団体への助成は会費からではなく、平成37年度までは一般財団法人移行前に積み立てた公益目的財産(約4億円)を毎年度一定額取り崩して行っていく。

会費の内訳

 会員から集めた会費(1世帯500円)の平成28年度の内訳は以下の通りである。

賛助会費 内訳一覧

共済掛金 245円 純掛金 155円 見舞金給付
付加共済掛金 90円 ポスター展・安全教室等
管理費 255円 賠償責任保険料 125円 損保会社支払い等
供花料等 35円 弔慰金
法人運営費 95円 管理費等