横浜市安全教育振興会

Tel:045(662)7835
受付:9:00~17:00 休業日:土日祝
横浜市中区常盤町3丁目25番地 サンビル7階

  1. ホーム
  2. 資料
  3. 平成30年度事業計画
  4. 助成事業

助成事業

2 修学奨励金の給付事業 (定款第4条第3号)

(1)対 象

賛助会員諸学校の幼児児童生徒で、学校長が必要と認めた者

(2)奨励金額

小学校の児童 3万円(156+36人)
※国大附属小が辞退の際は、中区を1名増とする。
中学校の生徒 4万円(50+36人)
高等学校の生徒 6万円(5×2人)
特別支援学校の幼児・児童・生徒 4万円(12×2人)
※人数増加2/4年目

3 安全教育推進団体に対する助成事業(定款第4条第5号)

安全教育及び環境教育、生涯学習等に関する事業を実施する団体より申請され、理事会が助成の可否及び助成金額を審議し、承認した事業に対して予算の範囲内で助成を行う。

3-1 横浜市PTA連絡協議会に対する助成

上限300万円の範囲で助成を行う。

3-2 賛助会員校単位PTAに対する助成

上限4万円の範囲で助成を行う。

3-3 各区PTA連絡協議会、特別支援学校部会及び高等学校部会に対する助成

上限20万円の範囲で助成を行う。

3-4 調査研究委託事業への助成

(1) テーマ 安全教育に関する調査研究
(2) 委託先 1) 賛助会員校(校長会で決定)
(小・小・中・・・・のローテーション、平成30年度:中学校)
2) 横浜市PTA連絡協議会
(3) 賛助会員研究委託推薦 賛助会員校種別校長会
(4) 委託期間 1年間
(5) 研究委託金 20万円 (賛助会員校、市P連 各10万円)
(6) その他 調査研究の結果は「会報」に掲載発表する。

3-5 その他安全教育推進団体に対する助成

申請団体は、安振会所定の書類等に必要事項記入の上、理事長宛に申請を行う。助成の可否及び助成金額は、理事会で審議し決定する。ただし、助成金額は上限30万円とする。