横浜市安全教育振興会

Tel:045(662)7835
受付:9:00~17:00 休業日:土日祝
横浜市中区常盤町3丁目25番地 サンビル7階

  1. ホーム
  2. 資料
  3. 平成29年度事業報告
  4. 事業

事業

(1)安全教室の開催 (定款第4条第1号)

(1)救急法教室

ア 内容 *基礎的な応急手当の知識 *心肺蘇生法実習
*AEDを用いた応急手当 *止血法
イ 会場 当法人会議室
ウ 日時 第1回 平成29年7月13日(木) 15名
第2回 平成29年9月8日(金) 18名
第3回 平成29年9月29日(金) 16名
第4回 平成29年10月13日(金) 16名
第5回 平成29年11月2日(木) 16名
第6回 平成29年11月30日(木) 13名
第7回 平成30年1月19日(金) 16名

(2)防災安全教室

ア 内容 *防災講義
*地震・火災等災害体験・シミュレーション等
イ 会場 横浜市民防災センター
ウ 日時 第1回 平成29年9月26日(火) 31名
第2回 平成29年10月17日(火) 17名
第3回 平成29年11月14日(火) 30名
第4回 平成29年12月4日(月) 21名
第5回 平成30年1月16日(火) 12名

(2)講演会研修会の開催 (定款第4条第1号)

(1)区・部会講演会研修会の開催

区 部 開催日 会 場 事 業 名 講 師
鶴見 29.12.3 鶴見公会堂 映画上映「みんなの学校」  
神奈川 29.12.9 神奈川中学校 ミュージカル落語
「~いじめ・偏見・差別をなくすキュートな世界~」
三遊亭究斗
西 30.2.23 西公会堂 「食育について」 枝元 なほみ
29.10.5 港中学校 スポーツ文化交流会「陰陽ヨガ」 仲眞 明美・齋藤 たまき
30.1.16 開港記念会館 「犯罪からの身の守り方」 落合 令子
30.1.20 南公会堂 「可能性への挑戦」 舞の海秀平
港南 29.9.4 港南スポーツセンター 秋季全体研修会
ZUMBAスペシャルプログラム
坂口 昌子
保土ヶ谷 29.12.7 瀬谷公会堂 「「思春期ブギ・
反抗期と思春期のトリセツ」
高野  優
29.11.28 旭公会堂 「我が子が生き生きと育つ
家族のコミュニケーション」
真島健一郎
磯子 30.1.26 磯子公会堂 「なぜ、いじめはなくならないの?
元いじめられっ子の落語家からのメッセージ」
桂ぽんぽ娘
金沢 29.9.27 関東学院八景キャンパス 「成長のタイミングを逃さない食事のとり方」 菅  洋子
29.11.22 磯子公会堂 「命の授業」 豊島 勝昭
港北 30.1.12 港北公会堂 「笑顔になる子育て」 渡辺 久子
29.12.15 みどりアートパーク 「自尊感情を育てる
~自分をもっと好きになる講座
自分にすべてにありがとう&自己尊重トレーニング~」
北村 年子
青葉 29.11.30 青葉公会堂 「ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?」 石田 勝紀
都筑 29.11.30 都筑公会堂 「親だからできること」 高濱 正伸
戸塚 29.12.1 戸塚公会堂 「『がんばらなくっちゃ』より愛しい自分に『ありがとう』」 北村 年子
29.11.30 栄公会堂 「自分も相手も大切にするコミュニケーション~
みんなちがって、みんないい~
吉井 奈々
29.11.11 泉公会堂 「子供の意欲を高めるコツ 怒るのに疲れたアナタへ
~よくわかる自尊感情~
田中 洋輔
瀬谷 29.11.28 瀬谷公会堂 「子どもの“考える力”を伸ばすコツ」 狩野 みき
高校 29.10.31 横浜サイエンスフロンティア高校ホール 「人生に無駄な経験など何ひとつない」 立川志の春
特別支援 30.1.17 あーすぷらざ 「苦しみを抱えた人に、
あなたは何ができますか?」
小澤 竹俊

(3)ポスター展の開催 (定款第4条第1号)

(1)応募資格 賛助会員諸学校の幼児児童生徒
(2)テーマ 「健康安全」「環境保全」等に関するもの
(3)応募点数 454点
(4)展示期間 平成29年12月19日(火)~ 12月23日(土)
(5)展示場所 横浜情報文化センター
(6)受賞作品 特別賞14点 入選12点 佳作13点
(7)表彰式 平成29年12月23日(土)横浜情報文化センター情文ホール
(8)審査員 桃井 陽子 先生 横浜市立小学校図画工作教育研究会長(横浜市立原小学校長)
長澤 博昭 先生 横浜市立中学校美術研究会長(横浜市立芹が谷中学校長)

※今年度初めて三菱鉛筆株式会社の協賛(参加賞・特別賞)を得て実施した。

(4)カレンダー作成・配布 (定款第4条第1号)

(1)カレンダー作成 特別賞の14作品で4月始まり、3月終了のカレンダーを作成した。
(2)カレンダー配布 賛助会員校に限ることなく、全市立学校、各学校3部ずつ配布した。

(5)調査研究委託 (定款第4条第1号)

(1)研究委託校・研究主題

(1)学校名 横浜市立間門小学校
(2)研究主題 自ら考え、共に学び合う子どもを育む健康教育
~課題を本気で解決する子どもの姿を目指して~
(1)学校名 横浜市立宮谷小学校
(2)研究主題 豊かな学び合いを通して、健康な生き方をつくる子どもの育成をめざして
~「健康科」の授業を通した「体力向上推進」「食育実践推進」の取組~

(2)研究委託団体・研究主題

(1)団体名 横浜市PTA連絡協議会
(2)研究主題 子どもの関係性を豊かにする居場所

調査研究の概要は、会報39号に掲載

(6)安全教育推進団体に対する助成 (定款第4条第5号)

(1)助成対象

安全教育、環境教育、生涯学習に関する事業を実施する団体より申請された事業で、理事会が承認したもの

1) 単位PTA 347校 1校4万円(上限) 13,753,749円
2) 横浜市内18区PTA連絡協議会、
高等学校部会・特別支援学校部会 
3,985,000円
3) 横浜市PTA連絡協議会 2,950,000円
4) 横浜市立小学校長会「専門研究」事業 300,000円
5) 横浜市立中学校長会関東甲信越・全日本校長会「派遣」事業 300,000円
6) 第17回全国中学校文化連盟総合文化祭神奈川大会 300,000円
7) 特別支援教育の推進と理解啓発専門研究事業 300,000円
8) 第26回全国小学校生活科・総合的な学習教育研究大会横浜地区大会 300,000円
9) 第15回学校給食展示会 200,000円
10) 第22回野島クリスマスキャンプ2017 200,000円
11) 第69回関東甲信越地区小学校長研究協議会神奈川大会 200,000円
12) 第15回横浜市立小学校タグラグビー交流会 150,000円
13) 第33回小学校算数教育全国大会 150,000円
14) プログラミング教育支援事業 150,000円
15) 第34回横浜港カッターレース 100,000円
16) (社)横浜勤労青少年福祉協会「夏休みお楽しみ教室」 100,000円
17) 第39回神奈川県小学校理科教育研究大会横浜地区大会 100,000円
18) 民生委員制度創設100周年記念事業 100,000円
19) 磯子スポーツ交流会小・中学校インディアカ大会 50,000円
20) 青葉区小中高生ミュージカル 50,000円
21) よこはま食育財団「食育推進事業親子料理教室」 31,100円
22) 横浜市健民少年団「夏期キャンプ訓練会」 30,000円
23) 第5回yokohama学校地域コーディネーター・フォーラム 30,000円

(7)負傷見舞金等の給付 (定款第4条第2号)

(1)対 象 賛助会員諸学校の幼児児童生徒、保護者、教育ボランティア
(2)内 容 負傷、死亡に対する見舞金・弔慰金、後遺障害見舞金
(3)給付状況 給付件数 2,348件
給付金額 30,788,270円
振込件数 1,831件
振込手数料 571,212円
その他件数 8件
その他手数料 3,996円
総 計 31,363,478円

詳細は 「見舞金等給付状況」参照

(8)供花料等の給付 (定款第4条第6号)

(1)対 象 賛助会員諸学校の幼児児童生徒、保護者、教職員
(2)内 容 申請されたが共済給付に該当しない案件の入・通院証明書代、
共済給付に該当しない場合の死亡弔慰金、PTA活動中の教職員の負傷
(3)給付状況 給付件数 204件
給付金額 4,046,140円
振込件数 131件
振込手数料 76,356円
その他件数 1件
その他手数料 864円
総 計 4,123,360円

詳細は 「見舞金等給付状況」参照

(9)修学奨励金の給付 (定款第4条第3号)

(1)対 象

賛助会員諸学校の幼児児童生徒で、経済的事由等により学校長が必要と認めた幼児児童生徒

(2)奨励金額および人数

小学校奨励生 3万円 192人 5,760,000円
中学校奨励生 4万円 86人 3,440,000円
高等学校奨励生 6万円 10人 600,000円
特別支援学校奨励生 4万円 24人 960,000円
合計 312人 10,760,000円

※今年度から4年間、小・中学校は各区2名ずつ36名、高等学校・特別支援学校は各校2名ずつ給付人数を増やすこととした。その結果、給付総額が7,460,000円→10,760,000円となり3,300,000円の増となった。

(10)啓発活動事業 (定款第4条第1号)

(1)会報39号発行

(2)「安全教育の振興にむけて」ご案内の発行

*賛助会員諸学校の全世帯

(3)ホームページの更新

ホームページアドレス http://anshinkai.or.jp

(11)賠償責任補償制度 (定款第4条第4号)

(1)目 的 子どもたちの日常生活やPTA活動の遂行における、万が一の賠償事故に備える。
(2)内 容 [1]幼児・児童・生徒賠償責任
[2]PTA管理者賠償責任
*(一財)横浜市安全教育振興会による団体制度とすることで補償はすべての会員が対象。
(平成29年度 実績)
賠償件数 92件
賠償金額 17,808,055円
※平成29年度引受会社
日新火災扱い 52件 6,166,843円
※平成28年度引受会社
損保ジャパン 40件 11,641,212円